認定中古車、中古車鑑定

鑑定中古車や、認定中古車などの表記を目にすることがあります。自動車販売店とは異なる第三者機関による公正な認定や鑑定というもののようです。


中古車は使用履歴などで同じ走行距離であっても車輌状態は様々であり同じ状態の車は存在しないといえるため、

そういう特性をもつ中古自動車を第三者機関(自動車広告代理店など)が客観的に鑑定基準を定義し鑑定していくのには無理があるのではないかと思われます。

例えばある物質の成分が何%などの鑑定であれば鑑定した機関がその鑑定結果に責任を持つことが出来ますが、中古車の鑑定ではこのような単純な鑑定なものではなく内外装に加えて機械的な部分や市場価格も考慮しなければならない為の難しさがあります。

そのため、第三者機関による鑑定には鑑定結果の責任はともなわず、消費者が転売するための目安と考える程度であれば良いのではないかと思います。

それとは別にメーカー系の新車販売店での認定中古車は販売店独自の基準ををもとに中古車を選定し整備して販売をしているので、認定中古車にはそれなりの付加価値があり、また認定結果に責任をとる意味での保証期間があるようなので、第三者期間鑑定とは違いがあるようです。

中古車を購入することは販売店と消費者との直接契約なり、車輌の状態を履歴を含めて詳しく説明を受け、その状態と保証内容を理解しての購入方法が、認定や鑑定よりも優先されるのではないかと思います。

認定中古車、中古車鑑定とは別の意味で中古車査定がありますが、こちらは自動車の買い取りや下取りの時に販売店が価格を査定しますが、これは価格の査定であって自動車の機能や状態を評価するものではありません。

公正な自動車の査定機関としては日本自動車査定協会があり、相続や裁判所の参考資料提出するための資産としての査定を行っています。販売店や買い取り店の査定価格とは異なり、減価償却を考慮しての査定のため通常の買い取り、下取り査定より低い価格になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください