廃車事故車買取り

廃車買取、10年以上前の年式や事故車買取で5万円、7万円が戻りますなどの広告をよく見かけますが本当に廃車にしかならないような車を買い取ってもらえるのか疑問に感じているユーザーもいるかもしれませんね。


廃車にするような車でも中古車としての価値がある車種は多く存在します。

20150223_auc_001

そのような車種は解体されずそのままオートオークションに出品されます。こういう車種は輸出されるのでオートオークションでは高値で取引されることも多くあります。

その為、廃車買取専門の買い取り業者でなくても思ったより高い価格で買い取ってもらうことができるので自動車買取専門店にも買取価格の問い合わせをしてみた方が良いですね。

トヨタの1500cc前後のセダン系は10年以上古い年式でもほとんどの場合、オートオークションで10万円前後から20万円位の値が付きます。

また、外装のヘコミや傷が多い場合などはオートオークションでは思ったような値段が入らない場合もありますがエンジンやトランスミッションなどが部品として輸出されているので解体業者でも買い取ってもらうことが出来ます。

輸出が出来ない車種でも鉄や非鉄金属の価値が高い状況なので全ての車種が買取の対象になっているます。この場合は排気量が大きい大型の車種ほど買い取り金額が高くなります。簡単にいえば重い車ほど高値の買取値が付くといことですね。

年式の高い事故現状車は事故部以外の部品が利用可能なのでオートオークションの事故現状車コーナーで高値で取引されています。

鈑金塗装工場で落札され修理された後に再度オートオークションで販売されることもあるので事故現状車は価値があります。

いずれにしても価値のない廃車ポンコツは存在しない状況なので高額なネットの広告料を払って買取を行っているのが現状です。

特にトラックはほとんどが解体されずに輸出されているのでどんなに古くて状態が悪くてもオートオークションで高値で取引されています。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください