中古車の情報サイトとネットオークション

ネットオークションに出品されている中古車を見るとそのほとんどが中古車販売業を営む業者からの出品になっているように感じます。

以前は大手の中古車の情報を扱う広告雑誌の会社にサイトに中古車情報が掲載され、ネットオークションには一般ユーザーと中古車販売業者の中古車が混載されていたのですが、今は中古車販売店の中古車情報の方が多いように感じられます。

結果的に中古車広告を専門に扱うサイトとネットオークションの区分けがなくなり同じ役割になったようです。

中古車広告を専門に扱うサイトは店舗を構える中古車販売店の中古車情報を掲載しているので店舗販売の延長線上にあり保証などの付帯サービス付きの中古車情報を掲載しているので雑誌からの中古車情報に代わる広告媒体としての意味合いと思うのですが、ネットオークションはオークションなので個人が所有うする自動車の個人売買をオークションで仲介する意味合いでの存在でなければ中古車広告との違いがあまりなくなるように思います。

個人売買では自己責任になりますが現車を確認して直接の交渉支払も可能なのでオートオークションや中古車販売店、買取店を経由せずに高く売り安く買う利点があります。また、個人売買の消費税はほとんど場合は非課税になるので中古車を購入する側の利点も大きいです。

(ユーザー個人)ー(買取り下取り業者)ー(オートオークション)ー(中古車販売店)ー(ネットオークション)と経由して落札されてユーザーへの中古車より

(ユーザー個人)ー(ユーザー個人)へ中古車のほうが途中で発生する様々な経費に加えて中間業者の利益、消費税も省くことができるのではるかに利点が大きいとは思うのですが…………..

今後は消費税の引き上げが予定されているので個人売買の非課税の中古車の利点は大きくなると思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください