中古車B/L(船荷証券)

貨物を船積するとその貨物は証券化され、その証券はBill of lading(B/L) といわれています。日本語では船荷証券です。


中古車を船積みすると車台番号の入ったB/Lが船会社から発行されます。

B/Lにはコレクト(Collect)B/Lと(Prepaid)プリペイドB/Lがあり中古車の場合は仕向地にもよりますが通常はプリペイドB/Lの方が多く使われています。

コレクト(Collect)は船賃(フレート)が先方払いになり荷主が貨物を引き取るときにフレートを支払いますが、船会社がコレクトB/Lの取り扱いをしない向け地もあります。

送り主が船賃を支払い、積み地で発行されるプリペイドB/Lは通常は仕向地の荷主に送られますが、証券を持っている者がその貨物の所有権を持つことになるため、船積み後に証券として売買されることがあります。

L/CやD/Pなどで送り主と現地で貨物を受け取る荷主が決まっている場合や特定の中古車の輸入許可を受けた車のB/Lは不特定多数を対象とした売買は出来ません。

船積み後のB/Lの売買は中古車の輸入規制が緩い仕向地向けの中古車で行われることがあるようです。

実際には船積み後に取引した相手から残金が精算されないなどの時に、B/Lの売買行われているようです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください