オートオークション 出品ブロック

オートオークションの出品車輌は全てブロック分けされています。

オートオークションの出品台数の少なかった時代には全ての車が搬入順に番号をふられ、それが競り順になっていましたが、台数の増加とともに出品ブロック分けされ、落札希望の車種のブロックの競りにだけ参加すること出来るようになり利便性が向上しました。また、出品車両置き場もブロック分けされているので下見の効率も上がりました。

出品ブロックの名称は各オートオークションごとに違いはありますが、下記のような出品ブロックがあります。

軽自動車

修復歴車を含めた軽自動車

普通車

バンとトラック及び修復歴車を除く小型、普通車

バントラ

バンとトラック

バンとトラックブロックとは別に4トントラッククラス以上は大型トラックブロックを設定しているオートオークション会場があります。

ハイブリッド、EV

ハイブリッド車や電気自動車

福祉車両

運転補助装置や車いすの昇降リフトなどの介護車輌

修復歴車

軽自動車、バントラックを除く小型、普通車を設定しているオートオークション会場が多いです。

事故現状車を含めているオートオークション会場もあります。

事故現状車

修復歴がされてない走行不能の状態の車がほとんどになります。

廃棄車両

低年式、過走行の商品価値の低い車

軽自動車、小型のトラックも含まれています。

このブロックはオートオークション会場ごとに様々な名称があります。またこのブロックはオートオークション会場による買取保証をして場合や流札後にオートオークション会場による買取をしている場合がほとんどです。

新規出品

オートオークション会場への出品歴のない買取下取りをされた車が出品されます。

このブロックの名称はオートオークション会場ごとに様々です。

小規模なオートオークション会場では細かい区分けはなく軽自動車、普通車、廃棄車両、新規出品程度になっています。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください