スズキ フロンテ800

1962年、東京モーターショーに参考出品された軽より大きい4ドアセダンの乗用車

suzulite800 suzulite800-2

その後1963年、1964年と東京モーターショーに出品された後にスズキ フロンテ800として1965年に市販された。

suzulite800-3 suzulite800-4

1966年ー1970年 スズキ フロンテ800 市販車は2ドアセダンに変更された。

suzulite800-5 suzulite800-6

フロントシートは当初ベンチシートだったが、1964年にはセパレートになり1967年からはリクライニングシートが採用された。水冷3気筒エンジンはガソリンとの分離給油が可能なセルミックス機構

エンジンは水冷2サイクル3気筒41馬力/rpmをフロントにマウントした前輪駆動であった。当時、軽自動車は2サイクルが主流であったが、小型車は2サイクルから4サイクルへ移行していっている時に、多気筒にすることで実用回転域が広く振動が少ない利点を生かして2サイクル3気筒エンジンを採用した。

後に空冷2サイクル3気筒は360ccになり軽自動車フロンテに搭載される。

スズキ フロンテ800は、当時スズキが軽自動車の販売に力を入れていたこと、またこのクラスの市場をまだ開拓してないことから、販売は不振であり、1966年をピークに生産台数は減り、細々と生産されていった。



スポンサード リンク





スズキ フロンテ800」への2件のフィードバック

  1. てつ

    web検索をしていてコチラのサイトにたどり着きました。
    1962年のモーターショウに参考出品された試作車は、フロンテ800ではなく、スズライトハックス700という名前がついています。
    エンジンは2ストロークではなく、4ストロークDOHCのはずです。

    返信
    1. auction 投稿作成者

      てつ様、
      貴重なご意見ありがとうございます。
      ご指摘のとおり1962年に参考出品されたのはフロンテ800ではなく、その後の1965年に市販されたのがフロンテ800車になります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください