自動車買取 再査定

自動車買取店に自動車を売却するときには再査定に同意する契約条項がある売買契約書を使い、契約後に不具合箇所や修復歴があるなどとして再査定をし、買取額を減額させている自動車買取店があるようです。

一般ユーザーが自動車を購入する場合は消費者契約法などにより消費者が保護されていますが、自動車の販売を業とする事業者には、これらの消費者を保護する法律は適用されないため、自動車のユーザーからの買取を含め、仕入れた車の状態に関しては事業者の自己責任になります。

一般ユーザーは買取店と売買契約を交わし自動車を売却するのですが、買取店はこの契約の前に自動車査定と称し、その自動車状態を点検確認しているにも関わらず再査定の契約条項を入れて契約していることは大きな疑問になります。

自動車査定と称して自動車状態を確認しているのであれば、再査定の契約条項は売買契約から削除するべきであり、最初から契約後に再査定をして減額要求をすることが前提になっているように思えます。

自動車の買取や査定については、その仕組みを解説してあるサイトなどがあり、買取査定無料などの広告を見かけますが、一般ユーザーが望んでいることは、より高い買取額とその後の名義変更などの処理が問題なく行われることであるため、自動車査定ではなく買取価格がいくらになるのか重要であって、単に事故車であっても、状態が良くない車であっても高くかってもらえればと考えていて、自動車査定を望んでいる一般ユーザーはほとんどいないように思えます。

一般ユーザーと買取店の売買価格の積算根拠は査定ではなく単なる値段交渉であり、第三者機関に提出する査定証明書の作成を依頼しているものではないため、契約後の再査定は単なる値引き要求にしか思えません。

商品の購入時に消費者を保護する法律や自動車公正取引協議会などの取組から消費者を保護するものはありますが、自動車の買取に関しては未整備の部分が多くあります。

一般社団法人日本自動車購入協会では中古車買取トラブルセンターを設けているので、買取店とのトラブルがあるの場合は利用しましょう。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください