スバル1000

1965年東京モーターショーに富士重工からスバル1000が出品され、翌1966年に発売された。

subaru1000 subaru1000-2

subaru1000-3

エンジンをフロントに置いた前輪駆動のFFであり、国産車初の水平対向の4気筒エンジン977cc 55馬力/6000rpmにラジエーターが二つ装備されサブラジエーターには電動ファンが付いて水温上昇時には強制冷却が出来た。最高速は130km/h

1967年には4ドアセダンだけであったボディタイプに2ドアが追加され、エンジンと足回りを強化したスバル1000スポーツが追加された。

subaru1000-4 subaru1000-5

1967年後期ー1968年スバル1000 2ドア

1000スポーツのOHVエンジンはミクニソレックスのツインキャブと10.0の高圧縮比により、セダンより12馬力高い68馬力/6600rpmとなり、最高速150km/h、フロントブレーキはディスクに変更され、ラジアルタイヤが標準装備となり、フロアシフトが採用された。

subaru1000-6 subaru1000-7

1968年スバル1000スポーツと運転席まわり

1969年には排気量を上げたスバルFF-Iが発売された。排気量は1088ccになり、セダンは62馬力/6000rpm、スポーツは77馬力/7000rpmとなり、最高速も145km/hと160km/hにそれぞれアップした。

subaru1000-8

1969年後期ー1970年前期スバル1000FF-I

subaru1000-9 subaru1000-10

スバル1000FF-Iスポーツセダンとその運転席まわり

翌年の1970にはさらに排気量を上げFF-I 1300Gとなり、1267ccのエンジンはセダンで80馬力/6400rpm、スポーツでは93馬力/7000rpmとなった。最高速は160km/hと170km/hにそれぞれ高められた。

subaru1000-11  subaru1000-12

1970年後期ー1971年前期スバルFF-I 1300G

subaru1000-13  subaru1000-14

1300G スポーツセダン

subaru1000-15

1971年後期スバル1300G

subaru1000-16

1971年後記1300Gスポーツセダン

🚙 中島飛行機スバル1500スバル360①スバル360②スバルR2スバル1000



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください