自動車保険の種類

自動車保険の種類は大きく分けて加入が強制されている強制保険(自動車損害賠償責任保険)と任意で加入する任意保険(自動車保険)があります。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

自賠責保険は被害者の生命、身体を害したことによって生じた損害を担保するものであり、被害者の所有物を破損した場合の損害は担保されません。そのため、対人賠償責任保険になり、人的損害のみが対象になります。

自動車保険(任意保険)

任意で加入する保険の種類には下記があります。それぞれに保険の目的に違いがあり、事故によって使われる保険の種類が異なります。

対人賠償責任保険

対人賠償で強制保険(自動車損害賠償責任保険)の保険金の限度額を超える部分を担保する

対物賠償責任保険

相手方の所有物に対する賠償

自損事故保険

事故による損害を誰にも請求できない事故

無保険車障害保険

無保険の車との事故で相手から損害賠償を受けられない事故

搭乗者傷害保険

契約車に搭乗しての事故による、ケガ、死亡

車両保険

事故で自分の車の破損した時に保険金が支払われる。

その他、現在では任意で加入する自動車保険には路上故障や故障時のレッカー代、弁護士費用など様々なサービスが任意保険に付帯されて販売されています。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください