オートローン加盟店

自動車販売店を開業するためにはオートローン加盟店になることが必須となります。

自動車の販売が新車、中古車を含めて低迷している状況の中で、オートローン加盟店の新規加盟店の審査基準が厳しくなっているようです。

中古車展示場を持つ販売店の倒産、廃業はまたは店舗の統廃合が進んでいる中で、ネットを利用した無店舗販売やオートオークションの代行などの新たな販売形態で新規に参入するものを含めると中古車販売店数は横ばいのように思えます。

オートローン加盟店は基本的には中古車展示場を有する中古車販売店または整備工場でしたが、景気低迷によるローン会社の統廃合が続いてきている間に、中古車販売店または整備工場であっても、新規でオートローンの加盟店になることは難しくなりました。

そのような状況の中では自宅でパソコンを利用してのネット販売や行っている場合や事務所だけでオートオークション代行のみを行っている中古車販売店がオートローン加盟店になることは、更に難しさが増すことになります。

オートローンの加盟店になるための明確な審査基準は解りませんが、基本的には店舗が有ることがその条件になることは間違いなく、その他の審査基準は個別ごとに大きく異なると思います。

店舗が有ったとしても新規にオートローンの加盟店になる基準は相当に高くなっていると思われます。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください