ニッサン プリンス ロイヤル

1966年、宮内庁からプリンスに発注されていた高級リムジンが発表された。

royal

ニッサン プリンス ロイヤル

royal2

ニッサン プリンス ロイヤル 後部シートと前方の補助性

全長が6mを超えるボディーにV8 OHV 6373ccのエンジンをの搭載し最高速は160km/hでパレードの際の低速走行8km/hに対応していた。エンジン出力は非公開で車重は3200kg

当初は一般向けの注文生産も考えられていたが、宮内庁への納入目的以外には作らないことになった。

この当時の1964年から1965年にかけてアメリカなどの諸外国から、完成自動車の輸入自由化と自動車産業の資本自由化の要求があり、日本の自動車産業の競争力を高めるべく、通産省が自動車メーカーの再編に乗り出した。

その結果、通産大臣の仲介により業界2位の日産と4位のプリンスの合併が成立した。実際には日産がプリンスを吸収する形の合併となり、車名からプリンスの名が消えた。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください