中古車輸出 船積み書類の発送

船積み終了後には船荷証券(B/L)が発行される前にB/Lコピーが届くので、訂正箇所がなければ、インボイスとB/L原本を現地取引先へ発送します。

B/L原本は3枚発行されるので、通常は3枚目の原本(3rd original)を残して、現地通関用インボイスと一緒にB/L原本1st、2ndを送ります。

B/L原本は現地での紛失、盗難などがあったときに、残しておいた3rd originalを再送することで、現地の取引先が貨物を受け取ることができるようになります。国(ミャンマーなど)によっては原本全てを送ることもあるのですが、この場合、B/Lの紛失があった場合にはB/L再発行が必要になります。

インボイスは日本で通関に使用したものをそのまま送ればいいのですが、現地関税の基準価格を引き下げるため取引価格を減額したものを送ることがほとんどです。簡単に言えば現地取引先の指示する価格のインボイスを送ります。常に取引がある先にはインボイスはExcelのひな型を現地に送っておくことで現地で好きな金額を入れる方法が一般的に思います。

 

また、現地船会社でB/L原本の発行をしている国もあるので、この場合は、現地取引先がインボイスを作成するのであれば発送する書類はありません。

L/C,D/P,D/Aなどの銀行間の決済方法の場合は日本の銀行から書類の発送がされるので、銀行へ指定されている書類を持ち込めば、銀行が必要書類を発送します。

船積み書類の発送はEMSやDHLを使って発送されています。国際郵便はいつ着くのか解からないため….



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください