ラジエーターコアサポート

自動車を構成する基本的な部品の中にラジエーターコアサポートと呼ばれるラジエーターを取り付けている部品があります。

この部品は走行上に大きな影響を与える部品でな無いのですが、溶接されている部品であるため、オートオークションの評価では、この部品の交換や修正が修復歴ありなしの指標のように扱われてきました。現在はラジエーターコアサポートの交換、修正は基本的に修復歴なしとなっています。

同じような部品にはリアフェンダーまたはクオーターパネルとよばれている部品があります。フロントフェンダーはボルトで取付られていますが、リアフェンダーは溶接で取付られているため、修復歴ありなしの評価が分かれることがあります。

ジエーターコアサポートの交換、修正は基本的に修復歴なしの基本的にの意味は、溶接部品は単体でボルトで取付られているものではないため、ラジエーターコアサポートの交換では取り外すさいにそれらが溶接されている、下回りの自動車を構成する基本的な部品である、クロスメンバーやサイドメンバーなどを無傷で取り外すことは困難なため、その修復歴の判定が微妙になる場合が多くあります。

また、ラジエーターコアサポートは車体の前部であるフロントバンパーの後ろにあるため、その部品だけが事故で損傷を受けるとそれを取り付けている他の部品(クロスメンバーやサイドメンバー)にも損傷が及んでいるケースも多くあり、ラジエーターコアサポート交換の事故車の判定はケースバイケースになることも多くあります。

ラジエーターコアサポートは車種ごとに部品の形状が大きく異なり、一体型のものや3分割されて供給されているものもあります。また、分割型では部分的にボルト止めのものなどもあります。

そのため、ラジエーターコアサポートの交換の評価では評価点が3点、もしくはその状態により修復歴有り評価となることもあります。

修復歴ありの中古車では軽微な走行上問題の無い修理をされたものから大事故により修理されたものもあります。また、ラジエーターコアサポートの交換でも分割式の部分的に交換ができるラジエーターコアサポートの部分交換から一体型の自動車を構成するクロスメンバーなどの取付られたものなどもあるので、気になるのであれば現車確認が必要になると思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください