ディーゼルエンジン」タグアーカイブ

ルドルフ・ディーゼル

1800年代には蒸気機関が交通手段として利用され馬車の代わって鉄道や船舶の動力源としてるようされるようになったが、蒸気機関は自動車に搭載するには大きく始動性の問題もあり小型の動力源である内燃機関の開発がされるようになった。

続きを読む

ディーゼル 噴射ポンプの故障

ディーゼルエンジンの点火方式は圧縮した空気に軽油を噴射し自然発火させるため、ガソリン車のような点火プラグを使った点火装置はありません。そのため、電気がなくてもエンジンを始動し続けることができます。

続きを読む

クリーンディーゼル車の普及

ヨーロッパ市場で以前からガソリン車と比べて燃費の良いディーゼル乗用車が普及していましたが、日本ではディーゼル車の排気ガスの黒煙が公害問題になり、一時期ディーゼル乗用車が販売されてない時期もありましたが、ここのところ発売される車種が増えています。

続きを読む