昭和20年代 車」タグアーカイブ

戦後まもなくの少量生産車⑤オオタ

小規模自動車メーカーにより生産された小型乗用車オオタは1923年(大正12年)に一号車が試作された。

オオタ

1949年オオタPA エンジンは SV760cc 20馬力/4000rpm ブレーキは機械式でボディの外反パネルのほとんどは職人による手でのたたき出し鈑金

続きを読む