LC決済での中古車の船積み

基本的にLC決済での船積みはLC発行後になります。LCで指定されている船積み条件の確認や現地での輸入許可とLC決済条件との絡みもあるため、LC発行に船積みをすると問題になるケースが多くなります。

LCには船積み条件や船積み後の決済に必要な書類について書かれているので、LCが発行され輸出者へ届いてから、LCで指示されている船積み条件に基づいて船積みすることになります。また、船積み後には変更できない書類や船積み後には変更できない書類もあるので、注意が必要です。

何度も取引をしている相手とのLC取引ではLCが発行される前にLCの条件は把握しているので問題は無いようにも思えますが、船積み期間が指定されている場合がほとんどなので、LCが発行される前に船積みしてしまうとこの条件を満たすことができない場合もあります。

また、初めての取引で初めての国であればLCにどういう決済条件が付いてくるのかも解からないので、LCが発行される前の船積みではほどんどの場合でLCの条件を満たすことは出来なくなります。

中古車でのLC決済ではLCに決済が限定されていている国や、他の決済方法が認められていない場合や、輸入許可に基づいてLCが発行されている場合もあるので、注意が必要です。

LCの他に振込や現金取引決済が認められていて、輸入規制が少ない国との取引ではLCは決済方法だけの意味合いが強くなりますが、LC発行前に船積みをしてしまうと、船積み後に取引先がLCを発行しない、またはLCの発行が遅れるなどの問題が起きる可能性があります。

国によっては輸入者の指示とは別に、LCに多くの決済条件が付いている場合もあり、その中には取付が不可能とも思えるものもあるため、船積み前のLC条件の確認は必須に思われます。

LCは船積み期間と船荷証券の発行日、海上保険が定められた期間内にあるのか、原産地証明が定められた期間内に取得することができるか、定められた期間内に指定された書類を指定銀行まで持ち込むことができるかなど、LCが発行された後の船積みであっても時間的な制約があります。

そのため、LCの決済条件には指定されている書類を取得することが不可能に思える条件がある場合もあり、その場合には条件変更を取引先に申し出ることも必要だと思われるので、その場合には、船積み前のLC条件の確認に加えて、先方との再交渉も必要になる場合もあるので、いずれにしても、船積み前のLC条件の確認は必須に思います。

決済方法に限らず船積み後に値引き交渉をしてくるケースもありので、代金入金後かLC発行後の船積みは中古車に限らず輸出取引の基本になると思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください