中古車輸出 L/C決済

中古車を輸入する場合の決済条件がL/Cのみで、他の決済方法が認められてない国があります。この場合は船積み後に必要書類を銀行に持ち込み取り立てを依頼します。

銀行へ必要書類を持ち込んでから決済がされるまでの期間は国により異なります。早い国では1週間位で決済されますが、遅い国では1か月以上になる場合もあります。

lc

また、L/Cの決済では通常の取り立ての他にL/Cの買取もあります。これは手形の割引と同じように決済金額から銀行の買取の手数料が差し引かれ支払われます。

L/Cの買取は実質的には取り立されるL/Cの決済額を銀行が決済されるまで融資をすることになるため、L/Cが決済されない場合は買取されたL/Cを輸出者が買い戻すことになります。また、L/Cが決済されない場合、輸出者が銀行に支払った買取手数料は損出となり、更に代金の決済の問題が残ります。

そのため、L/Cの買取はL/Cが金融機関の信頼性の高い国から発行されたものであることと、取引先とのしっかりとした信頼関係が必須になります。

信頼性の低い国の銀行から発行されたL/Cでは、日本の銀行が買取をしてくれない場合や取り立ての場合でも念書を取られる場合があります。この場合の念書は取り立てが出来ない場合に一切の不服申し立てをしないとの旨のものです。

また、信頼性の低い国の銀行から発行されたL/Cであっても、現地取引先とのしっかりとした信頼関係があれば、L/Cの条件不一致の場合でも容易に条件の変更をしてもらうことが出来、確実に決済がされます。

L/C決済での中古車輸出ではL/Cの決済条件に重きを置くのは当然ですが、実際には現地取引先との信頼関係がL/Cの決済条件より優先されることになります。

その理由としてはL/Cの条件不一致によくある、船積みの遅れ、銀行への書類提出期限の遅れなどは現地の取引先が条件変更をすれば済むことなのですが、現地取引先との信頼関係がない場合には、条件の不一致を理由に、こちらの足元を見られ、値引きの要求に繋がる場合もあります。

L/Cは取り消し不能信用状(irrevocable L/C)であっても、決済を絶対的に保障されるものではないことを認識しての取引が必要であると思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください