オートオークション代行落札

オートオークションの出品が増加するに伴って消費者にもオートオークションの存在が知られるようになり自動車販売店の仕入先もオートオークションを中心にとなりました。

それに伴い消費者からの注文もオートオークションで探すようになり、オートオークションに出品された中古車の情報を元に商談をすることも増えていきました。

今は全てのオートオークションの出品情報などがインターネット上で公開されていることで落札相場を一般消費者が知ることが出来る状況もあり、仕入価格に利益をのせて販売することも難しくなり、台当りの落札手数料で落札を代行する取引形態も通常の販売方法と併せてとられるようになりました。

この取引形態は証券取引所と株取引者の間に証券会社が入る株取引に似ています。株式市場の取引相場は公開されているので誰でも知ることは出来ますが、証券取引所での取引は証券会社を介しての取引になるのでオートオークションの代行落札に形態が類似しています。

中古車の流通形態がオートオークション中古車販売店ー消費者という図式からオートオークションから一般消費者へと変わってきているように感じます。以前は中古車の相場は中古車販売店のみが知るものでしたがインターネットの普及に伴いネット上に様々な情報があふれるようになり、それが一般消費者に知られるようになったことが取引形態を変えていく要因になったように感じます。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください