オートオークション出品 流札

オートオークションは競りなので希望価格の設定が高い場合やその他様々な原因で流札になることも多々あるように思われます。そのため、オートオークションへ出品する前に相場をよく調べておく必要があります。


今現在は全てのオートオークション会場の競りがインターネットで中継され、来場して競りに参加しているオートオークション会員以外にも全国からのインターネットを通しての競りへの参加があります。

また、インターネットと通して海外からの競りへの参加もあるので会場間での落札相場に大きな差がないようです。

オートオークションへ出品をしようとしている中古車の相場は年式、グレード、走行距離、色、などである程度の相場を予測することはできますが、その車の状態は個々に全て違うので車両状態を事前に点検しておく必要があります。

内外装の現在の状態からオートオークションへ出品した時の評価点の予測を相場を予測することも重要になります。

また、修復歴の評価になるか通常の評価になるかでの相場の違いは大きくなります。

修復歴評価の場合は修復箇所によって相場に違いがありますが、一般ユーザーにはこの点検は難しいので、オートオークションの代行を依頼する代行業者に点検してもらったほうが良いと思います。

例としては、フレーム先端修正とフレーム交換では修理の内容が大きく異なるので相場に大きな違いがあります。

流札後は再出品をするかその中古車をオートオークションから引き上げるかのどちらかの選択になります。

再出品は1万円前後の出品料かかります。また引き上げる場合には陸送代がかかりますので、事前に車両の状態を含めての相場の予測をして競り開始価格と希望価格を設定することが重要になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください