オートオークション落札代行手数料

オートオークション代行業者の落札代行手数料は定額の3万円前後から最低落札手数料と落札金額の5%位を組み合わせた料金が多いようです。

その他にはオートオークション代行業者の他のサービスと組み合わせたオートオークション代行パッケージ料金のような料金体系も存在しているようです。

オートオークションの落札代行のみを依頼するのであれば中古車販売店で買うより総額を安くすることは出来そうですが単にオートオークション落札代行だけを受け付けてないオートオークション代行業者もあるようなので事前に確認して契約を結んだほうがよさそうです。

オートオークション落札代行を依頼した際にはオートオークション会場からの陸送代、名義変更、などが他に考えられる費用になります。

陸送代は本人が直接オートオークション会場に取りに行くという選択肢もありそうですが搬出手続きや搬出する車輌を探すことに慣れているわけでもないので陸送を依頼したほうが良いと思います。また会場で登録業者以外の一般ユーザーが出入りすることでの問題もありそうなので陸送になると思います。

名義変更はオートオークション会場からの名変書類を直接ユーザーの渡してくれるのであれば自分で車検場に車を持ち込んで移転登録ができますが、移転書類の書き損じによる書損は訂正が出来ないために、書類の差替えになります。また差替えには罰金が課せられます。

その他、書類の差替えがあると名義変更が遅れるので名変遅延による罰金も併せて発生することになる場合もあるので思わぬ出費が必要になることがあります。

いいずれにしても、名義変更にはオートオークション規約で一か月くらいの名義変更期限がもうけられているので、登録方法がわからない場合にはオートオークション代行業者に名義変更の依頼したほうが良いと思います。

一般的にはオートオークションの登録会員が直接ユーザーにオートオークションからの生書類を渡すことはないと思います。その理由は書類の紛失、書損は全てそのオートオークションの会員が負うことになり悪質な場合は取引が制限されるなどの重い罰則を負うことになります。

以上からオートオークション落札代行手数料の他に、陸送代と名義変更の手数料の3点はオートオークション代行には必須と思われます。

車検、整備、板金塗装などがオートオークション落札代行に付随した任意で依頼するサービスになると思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください