オートオークション 入札による自動応札と落札 

オートオークションへの競りへの参加方式には直接会場またはオートオークションのホームページからも競りに参加できますが、事前に入札をして競りに参加することもできます。

オートオークションの会場内のポス席にはほとんどのオートオークションで各席ごとに端末が設置されていてそこから競りに参加したり車輌検索をして出品車両の情報を確認できます。また、この端末からは入札の設定ができます。

売り切り前の価格と売り切り後の価格が設定する方式や希望価格に売り切り後に定額を設定する方式などがあります。

売り切り前の価格と売り切り後の価格を設定する方式は出品店が売り切りにする前まで応札する金額を設定し、売り切り後の最終希望価格を設定します。

売り切り後の最終希望価格がどんなに高額であっても売り切り前には売り切り前価格で設定した金額までの応札になるので売り切りにならなければ売り切り後の最終希望価格は競りには反映されません。

売り切り後に定額を設定する方式場合も売り切り前の応札は同じですが、売り切り後のせり上げ金額を1万円、3万円、10万円など定額で設定する部分に違いがあります。

いずれの場合もオートオークションでの端末を使っての入札料は無料になり、落札料も通常料金となります。

オートオークション会場のホームページからの入札は一台あたり数百円から千円くらいの入札料がかかります。また、落札した時の落札料は通常の落札料に数千円くらいが上乗せになります。

オートオークション会場に行って直接競りに参加するほうが経費は安くなりますが、ほとんど全てのオートオークションがインターネットで繋がり、一つのオートオークション会場のホームページから日本全国どこのオートオークション会場の競りにも参加出来るようになった今はネットからのオートオークションへ参加が多くなりオートオークション会場への来場数が減ってきているようです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください