オートオークション落札相場と店頭販売価格

中古車販売店に展示されている中古車のほとんどはオートオークションで落札され展示されています。

落札価格にオートオークションの手数料、陸送代などが中古車展示場までにかかる経費になり、整備の必要があればそれと合わせて販売店の利益を上乗せし店頭販売価格が決まります。

オートオークションの代行落札を依頼する際にはオートオークションの落札相場を基準に買いたい中古車の価格を決めることになりますが、車両状態が良く走行距離が少ない中古車はオートオークションでは高値で取引され、店頭販売価格や中古車検索サイトで掲載されている中古車の価格とほとんど同じかオートオークションの落札相場のほうが高い場合も多くあります。

オートオークションは業者間取引ですが、その落札価格は必ずしも卸売価格のように小売り相場より安いということにはならないので、中古車販売店の店頭価格とオートオークションの落札価格を比較する必要があります。

オートオークションで店頭価格以下で常に取引されている中古車のほとんどは走行距離が多い場合や内外装の状態が悪いもの、不人気車などです。

市場で人気があり引き合いの多い中古車で評価点が4点以上で走行距離が少なく車検が長く残っている中古車はオートオークションの落札相場のほうが店頭販売価格より高くなることが多いです。

ネットで簡単に中古車検索が出来、価格が比較容易に出来るため、価格競争が進み、車両本体から利益を得ることが難しく、登録諸費用やローンの戻し金利などで利益を得ている状態なのでオートオークションの落札相場と店頭価格が逆転する現象が生まれているのでは思います。

また落札相場と店頭価格が逆転する現象にはおとり広告も含まれているのではとも思います。オートオークション代行業者などで一般ユーザーが業者間の相場を見ることが出来る状況なので、業者間の取引相場と小売り価格との区分けは無くなったように思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください