初荷オートオークション

新年の初取引は東京証券取引所の大発会や築地の初セリなどがありますがオートオークションは初荷記念オークションとして初競りが開催されます。


初荷オートオークションは来場者記念品や豪華な景品がある抽選会でオートオークションを盛り上げます。

オートオークションの休催期間は1週間くらいあるため、全体として成約率は高くなる傾向がありますが、以前マグロの競りであったような、ご祝儀相場のようなものはありません。

最近は全てのオートオークションに店舗からインターネット経由で競りに参加出来るため、以前のように多くのオートオークションへの来場者で活気のある初荷の状況はなくなりました。

国内販売は消費税率が上がってから販売が低迷している状況が続いていて、オートオークションの休催期間に展示場の中古車が多く成約したための大量仕入れをする販売店も少ないと思います。

輸出業者の中では休催期間の在庫の補充のために大量仕入れをするところはありそうです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください