オートオークション 出品票の書き方

オートオークションの出品票は出品店が車輌明細、緒元などの必要事項を記入し、車両検査後に車両状態などが検査員によって記入されます。

ネットからのオートオークションへの参加が日常化している現在では車両状態の確認は出品票になり、そのため出品票の記載事項は重要になります。 

オートオークション出品票

  

車名、年式、車体番号などの車両明細を記入し、その後に装備品、車両状態を記入します。 

車両明細 

年式、グレードはクレーム対象になり、キャンセルの対象になる場合が多くなります。年式は登録年に加えて登録月によっても価格が大きく異なる場合があります。グレードは言うまでもなく、それにより価格が大きく異なります。そのためグレードの確認は類別番号、形式指定番号やフル形式からの確認が必要です。

類別番号、形式指定番号は車検証から確認が出来、フル形式はコーションプレートから確認が出来ます。 

* コーションプレートはエンジンルームやセンターピラーなどにあります。 

装備品

装備品は純正品と社外品があり、純正品はセールスポイント欄や装備品欄にしるしをつけて記入することが出来ますが、社外品はセールスポイント欄のみになります。 

セールスポイント 

セールスポイント欄に記入した装備品はクレームの対象になり、装備品の記載が現車と一致し、正常に動作することが前提になります。 

セールスポイントは社外、純正品やメーカーオプションの装備品も含めて全てクレームの対象にはなり、特に高額な社外装備品などは大幅な値引きを要求されることもあるのでセールスポイントの記入には注意が必要です。 

車輌状態 

車輌状態は自己申告になり、注意事項欄に記入します。あくまでも自己申告なので記入しなくても良いのですが、不具合が事前に分かっている場合はそれを記入することでその箇所がクレーム対象から外れ免責になります。 

修復歴も同様に自己申告した箇所はクレーム対象から外れ免責になります。オートオークションでの検査漏れにより落札店で修復歴が発覚するケースも多くあるため、事前に申告をしたほうが良いと思います。 

落札店で修復歴が発覚した場合はオートオークションに再搬入をし再検査になり、修復歴が確認された場合は出品店の意向に関わらずキャンセルになります。 

この場合のキャンセルに関わる出品店の負担は大きく、出品、成約、落札料に加え、落札店からオートオークションまでの往復陸送代とキャンセル料が請求されます。 

出品票の誤記入や自己申告の記入は大きなクレームに発展することがあるため、記入には注意が必要です。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください