オートオークション 名義変更 書類期限

登録されている自動車の名義変更に必要な書類には有効期間があり、オートオークションで取引された車の書類の有効期限は別に設けられています。


役所から発行される証明証は、印鑑証明、住民票、法人登記簿謄本など様々ありますが、車検場で受付可能な書類の期限は発行から3ケ月以内になります。

オートオークションではそれとは別に名変書類の受け付ける期限が設けてあり、オートオークションに名編書類が到着時に1ケ月の有効期間の残があるのもになります。

その他、旧所有者が発行する譲渡証や委任状などに使用期限が書かれている場合もあります。

使用期限が任意に切られている場合は委任状で使用期限が切られている場合が多く、役所から発行される各証明証と合わせて使用期限が短いものの使用期限が適応されます。

印鑑証明には本来の有効期間3ケ月とは別に任意に使用期限が切られていて、3ケ月より短い使用期間のものもあるので注意が必要です。

その主な目的は、年度末の3月末まで使用期限を切り、自動車税が年度をまたいで旧所有者に課税されないなどのためになり、使用期限を本来の証明証とは別に任意に切ります。

印鑑証明には使用期限の他に車台番号などが記載され使用目的が限定されているものもあるので確認の必要があります。

オートオークションに書類期限の足りない書類を送り、返却された場合は再提出時に書類遅延にならないように気をつけなければなりません。その理由は、書類の提出期限はオートオークションの開催日を起点としているためです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください