オートオークション クレーム申し立て期間

オートオークションの落札車両に記載漏れ、誤記入、虚偽記載または出品票の記載と落札車輌の現状が異なる場合にはクレームをクレーム期限内に申し立てることが出来ます。

クレーム申し立て期間はクレームの種類ごとに規定されています。

車輌の不具合はオートオークション開催日から5日以内くらいがクレーム申し立て期間になります。

それ以外には下記のようにクレーム期間が別途定められています。

内外装のクレームと商談による落札車両のクレームは原則ノークレームとなりますが、その車輌の内外装の状態が出品票と異なる場合には、搬出前にオートークションに申し出、その現状をオートオークション側が確認できればクレームの受け付が可能となります。

この場合に良くあるケースはオートオークション場内の事故や盗難による部品の欠品などになります。搬出後は一切受け付けしてもらえないので搬出前に現車と出品票の確認が必要です。

車検証と出品票の記載がことなる場合は書類到着後の確認となるため、書類到着後1週間くらい

走行距離改ざんはオートオークション開催日から6か月以内くらい

冠水車、接合車などの保安基準に適合しない車輌はオートオークション開催日から3か月以内くらい

クレーム期間の定めがないもの

盗難車、所有権移転に法的な問題のあるものなど

おおまかに言えばよくある車輌の不具合のクレームはオートオークション開催日から5日間くらいになり、走行上の不具合箇所をクレーム期間内に見つけるには出来るだけ早く搬出し、走行テストを行う必要があります。

その他のクレームは発見するものが困難であることから別途クレーム期間が定められ通常クレームより期間が長く設けられています。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください