スズライト フロンテ

1962年に鈴木自動車から軽乗用車スズライト フロンテ360が発売された。

fronte  fronte2

1963年スズライト フロンテ 360TLA

スズライトTLをベースにボディの後部を乗用車化して軽乗用車としては初のトランクルームを備え、2サイクル360cc21馬力のエンジンに前輪駆動式(FF)のギアボックスは3速であった。

翌1963年にはガソリンとオイルが自動混合されるセルミックスが採用され、フロンテFEA型となり、ギアボックスが4速に改められた。1965年にはオイルをシリンダー壁やクランクシャフトへ直接潤滑させるシステムへ変更され出力は22馬力へ高められた。

fronte3  fronte4

1963年後期ー1965年スズライト フロンテ360FEAと1967年スズライトフロンテ360FEA-Ⅱ

スズキの軽乗用車の販売実績は自社の商用軽自動車(ライトバン、トラック)の生産販売実績と比較にならないほど少なく、軽四輪への進出にあたっては商用車で実績をつくる慎重な方針がとられ、商用軽四輪は先に成功を収めていたため、トラック、ライトバンの改良が軽乗用のスズライト フロンテより、先に行われることが多かった。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください