三菱ミニカ70

三菱ミニカ バンをベースに改良がされてきたミニカは1969年にフルモデルチェンジを受けてミニカ70シリーズとなった。

minica70 minica70-2

1970年 三菱ミニカ70スーパーデラックス

モノコックボディを採用したミニカはリードバルブを持つ2サイクル359ccエンジンは空冷式が26馬力/rpm、水冷式が28馬力/rpmとそれぞれ5馬力高められ、空冷式はスタンダードとデラックスモデルに搭載され最高速は105km、水冷式はスーパーデラックスとスポーティーデラックスに搭載され最高速は110kmであった。

その当時、他社では高出力エンジンとスポーティーさを強調するモデルが多く発売されているなか、1969年12月に2気筒2サイクルエンジンをツインキャブと高圧縮比などで出力を38馬力/rpmまで高めたミニカ70SS(スーパースポーツ)と70GSS(グランドスーパースポーツ)が発売された。GSSの最高速は130km0-400、19.8秒と1000ccなみの性能であった。

minica70-3 minica70-4

1970年 三菱ミニカ70GSS

1970年にはセダン系のエンジンの出力が高められ、空冷は26馬力から30馬力へ、水冷は28馬力から34馬力となり、最高速は5km上がって、110kmと115kmとなった。

minica70-5 minica70-6

1971年 三菱ミニカ70GLと三菱ミニカ71 ファミリーデラックス

1971年にはミニカ スキッパーが発売された。GTにはツインキャブの38馬力、SLとLLには水冷34馬力のエンジンが搭載された。

minica70-7

1971年 三菱ミニカ スキッパーGT

minica70-8 minica70-9

三菱ミニカ スキッパーSLとスキッパーGTのダッシュボード

ミニカ70の販売は好調であり、軽自動車の市場の約17%を占めるまでになった。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください