オートオークション 応札

オートオークションの競りはポスシステムで行われていて、競り機の応札ボタンを押して競りに参加します。

競りがスタート後に応札ボタンを押して競りに参加します。通常は応札ボタン一押しで3000円から5000円の設定なっています。応札ボタンの設定はオートオークションによって異なります、また、高額車両の場合には同じオートオークション会場であっても応札ボタンの価格設定が異なります。

 

左の競り画面は競りスタート前の競り開始価格を表示しています。そのため、応札ランプは消灯しています。

入札会では入札用紙に入札価格を書いて入札しますが、コンピュータを使ったポス競りでは応札ボタンを押して入札しそれを応札としています。

応札された記録はその車両が流札した場合の事後商談に利用されます。

応札者が無かった場合には応札無しとされ、商談の際には競り開始価格に一定額を上乗せして商談を申し込むことが出来ます。商談開始価格の規定は各オートオークションごとに異なります。

応札があった場合は一番高い入札価格が最終応札価格とされ、その価格に一定額を上乗せして商談を申し込むことが出来ます。この場合も商談開始価格の規定は各オートオークションごとに異なります。

 

実際のコンピュータを使ったポス競りでは、競りがスタートし自動せり上げで希望価格までせり上がるまでの間の応札が有る状態で出品店は「売り切りランプ」を点灯させ、売り切りにすることが出来ます。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください