三菱 コルト ギャランGTO

1970年 2ドアハードトップの三菱ギャランGTOが発売された。

galant gto3

1969年東京モーターショーに出品されたGTX-Ⅰ

galant gto galant gto2

 

galant

1971年三菱コルト ギャランGTO-MR

エンジンは1597ccのOHCとDOHCがあり、GTO-MⅠがOHCのシングルキャブ 8.5の圧縮比で100馬/6300rpm、GTO-MⅡはOHCのSUツインキャブ9.5圧縮比で110馬力/6700rpm、GTO-MRはDOHCにソレックス ツインキャブ 9.5圧縮比から125馬力6800/rpmの高い馬力となっている。

galant gto4 galant gto5

MRとMⅡには7つのメーターが装備された飛行機のコックピットを思わせるようなダッシュボードと1600ccDOHCヘッドのMRのエンジン

最高速はMⅠが170km/H、MⅡは180km/H、MRは200km/Hであり、性能面では目覚ましい発展をとげ、1600ccクラスでは世界最高水準であった。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください