自動車 陸送 トラブル

自動車の陸送には事故や故障などのトラブルがあります。

自動車の陸送方法には自走と自動車を運ぶ専用のトラック(カーキャリア)を使ってがあり、自走を主にするの陸送会社とトラックに積載してカーキャリアで運ぶことを主にする陸送会社があります。

自走の陸送は主にカーキャリアに積載出来ないトラックやバスなどの普通貨物から大型車両になり、カーキャリアの詰め合わせからもれた、乗用車を自走で運こぶこともあります。

自走の場合にはオートオークションの車両状態票で車両故障が記載されている場合は運んでもらえません。また状態票に不具合がない場合でも現地での引取の際に別の問題が発覚する場合もありその場合も同様になります。

陸送される車は中古車であり、走り出してみなければ確認できない不具合もあり、オートオークションから搬出後に走行出来ないような状態になる場合もあります。そのため、走行距離の多い車や低年式の車の自走による陸送には注意が必要です。

その他、自走の場合には稀に交通事故もあります。

カーキャリアでの陸送には積み下ろしの荷扱い中の事故と積載された車が荷台で動いてしまい損傷してしまうことがあります。

陸送会社はオートオークションからの搬出時に出品票と現車の状態を確認してから搬出しています。そのため、搬出時にオートオークション会場内での事故により落札車両が損傷を受けている場合には、その時に陸送会社からその状況がオートオークションへ報告されます。盗難による欠品なども同様です。

これら以外の問題は搬出後から陸送先までの間でのことになり、この間の問題は陸送会社との話し合いで解決することになります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください