オートオークション 出品店への迷惑行為

オートオークションの規約には出品店への迷惑行為が規定されています。

 

オートオークションの規約には車両クレームや書類、競りになどに関わる様々なケースが規定されています。直接オートオークションの出品や落札にに関わらないものとしては出品店への迷惑行為があります。

よくある出品店への迷惑行為としては落札車両の名義変更前に交通違反を犯す場合があります。この場合には警察から落札車両の所有者へ交通違反の連絡が入ることになります。

この場合は出品店からオートオークションを通して落札店へその連絡が来ます。駐車違反は当事者が警察へ出頭することで解決しますが、オートオークションでは迷惑行為として処理されペナルティの対象になります。

各オートオークションごとにペナルティの金額は異なりますが、概ね3万円位になります。また、それに伴う実害が発生している場合にはそれと併せてペナルティが請求されます。

交通違反としては名変前に駐車違反をするケースが多く有ります。

車検場で落札車両の名義変更や抹消登録後であっても一定期間内は旧所有者の登録情報が変更されてない場合もあるので、名義変更後であっても、警察からオートオークションを通して交通違反の連絡が入る場合があります。

この場合には車検場の登録情報が警察で更新されてないようなのですが、名義変更は完了しているのでの免責になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください