戦後まもなくの少量生産車②NJとニッケイタロー

1960年(昭和35年)までには町工場的な小規模な自動車メーカーが存在し軽自動車を少量生産していたが、その後は消滅していった。

nj

日本自動車工業が生産したNJ

横浜の自動車メーカー日本自動車工業が生産したNJと、その後継車ニッケイタローは1953から1958年ころまで存続した。

nj2

NJのトランクにあるエンジンルーム

この少量生産車には自社製エンジンが後部トランク内に搭載され、3段ギアで後輪を駆動したRR方式で、エンジンは空冷V2気筒 OHV358cc 12馬力/4000rpm

この時代の乗用車はハシゴフレームが一般的であったがに早くもモノコック構造を採用していた。

1956年には社名を日本軽自動車と改め、同時に車名をニッケイタローと改めた。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください