オートオークション出品票 略式表示

オートオークション出品票では外装などの状態や装備品を記号で表示していますが、それ以外に省略されたオートオークション特有の表記があります。

20150120_auc_001

全部をここに書くことは出来ませんが、よくある表記は以下のようなものがあります。

走行上の問題以外のアクセサリー関係ではS/T穴、オーディオ穴はナビやラジオなどが取り外されている部品欠、や外装部品のホイルーキャップ一枚欠などの欠品表記があります。

エンジン関係ではのE/G異音はタペットやメタル音などのエンジン内部からの音からエンジン内部の補機類のオルタネーター、ウオーターポンプ、ベルト鳴きまで様々なものが含まれます。その他オーバーヒート、オイルもれ大、白煙あり(オイル上がり、下がり、ターボ不良)など

駆動系では、ミッション変速ショック大、ドライブシャフト音、デフ異音など

外装系ではトランク水入り、屋根Pハゲ、色ボケ、セン傷多、エクボ多など

書類では名変期限○月○日、印鑑証明、委任状期限○月○日などの書類に期限がある場合など

改造車では構造変更が必要な場合の要構造変更、特殊車両の検査証欠など

略式表記は各オートークション会場ごとに違いがあり、検査員ごとに異なることも多く、出品店が記入する注意事項欄の表示は出品店ごとにバラバラになります。

特に出品店記入の注意事項欄での意味が不明確なあいまいな表記はクレームの対象になりますが、業界の常識に照らし合わせても意味が不明の場合は、競り前にオートオークションへの問い合わせすることが必要です。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください