自動車事故 過失割合

車対車の自動車事故の過失割合は判例を元に決められますが、事故の当事者双方が納得できない場合が多くあります。

同じ交差点の事故であっても様々なケースがあり、直進車と右折車の事故では直進車30%、右折車70%のような過失割合で示談交渉がされることが多いと思われますが、実際には直進車に速度違反があった、または直進車に信号無視があったなど、その状況は事故ごとに千差万別であるため、保険会社のアジェスターから提示された過失割合に納得がいかないケースは多いと思われます。

事故の当事者双方が自動車保険に加入している場合にはお互いの加入している保険会社のアジャスターを介して示談交渉が行われることになりますが、ここで提示される過失割合に納得がいかない場合には調停の申し立てを簡易裁判所にするか訴訟をすることになります。

調停は調停委員を入れての話し合いによる示談交渉になり、示談交渉が不調に終わった場合には訴訟になります。訴訟は自分でも出来ますが、自分で訴訟を行うことには難しさがあるので、訴訟の場合には弁護士を頼めば良いのではと思います。その場合には弁護士費用と賠償額とを比較して弁護士費用が賠償額に見合うものかを検討する必要があります。

過失割合に納得がいかない場合には調停や訴訟以外にも日弁連交通事故相談センターの弁護士無料相談を利用する方法もあります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください