マツダ サバンナ

1971年ロータリーエンジンのサバンナが発売された。

savanna

1972年ー1973年サバンナロータリー クーペ

サバンナはカペラとファミリアの中間のサイズになり、エンジンはファミリア・プレスト用のロータリー10Aが搭載された。出力は105馬力/7000rpmとファミリア・プレストより5馬力アップされた。最高速180km/h(クーペ)

savanna2

1972年ー1973年 サバンナ 4ドアセダン

サバンナにもレシプロ・エンジンが搭載され、フロントリア回りが異なるグランドファミリア・シリーズとされた。エンジンはファミリア・プレスト用の出力を12馬力高めたOHC4気筒1272cc 87馬力/6000rpm、

grand familia

1972年ー1973年 グランドファミリア

翌年1972年にはカペラ1500用のOHC4気筒1490cc 92馬力/5800rpmが搭載されたSシリーズ(最高速160km/h)が加えられた。

grand familia2

1972年ー1973年 グランドファミリアS クーペ

ボディタイプは4ドアセダンと2ドアクーペがあり、すべてのモデルに前輪ディスクブレーキが標準装備された。

1973年にSシリーズはカペラ1600のエンジン(1586cc 100馬力)に変更され、車名も1600となった。

1972年に1月にロータリーシリーズにはスポーツワゴンが加えられ、同年9月にはカペラ用の12A 573ccX2 120馬力/6500rpmを搭載した最上級モデルサバンナGTが加えられた。

savanna3

1972年ー1973年サバンナ スポーツワゴン

savanna4

1973年 サバンナGT

1973年から昭和50年排気ガス規制をクリアしたAP仕様が加えられるようになり、1974年2月からは全車がAP仕様のモデルになった。

savanna5

1974年サバンナAP

savanna6

1975年サバンナAP GT



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください