オートオークション出品票 社外部品記入

中古車には部品からナビなどの用品まで様々な社外品が取り付けられています。オートオークションでは純正品と社外品を区別するために、オートオークション出品票の装備品欄の〇の記入は純正品に限られ、社外品の記入はこの欄にはできません。

社外品にも関わらず、装備品欄に〇を付けて出品、落札された場合にはクレームの対象になります。

20150120_auc_001

装備品の誤記入で多いケースとしてはAW(アルミホイール)とナビがあります。その他はメーカーが製造段階で装備するもので、後付けされることはないため、誤記入はほとんどないと思います。

AW(アルミホイール)とナビは付いているからといって単純に〇をするとういわけにはいかないので、記入前の現品確認は必須です。

装備品の誤記入ではSR、PS、PW、エアBはメーカーが製造段階で取り付けるもののため、基本的にはキャンセルの対象になります。PWは現在ではほとんどの車に取り付けられていますが、一部の商用車のバンやトラックなどではオプション扱いで装備されてない車種が存在します。またPWでは前席のみの場合があります。

ナビやAWはメーカーオプションのものと後付けのディーラーオプションが現品支給や値引きでクレーム処理が行われることが多いように思います。

社外品のオートオークション出品票への記入はセールスポイントか注意事項欄になります。ナビの場合には「社外ナビ」と記入しますが、セールスポイントの記載事項は全てクレームの対象になるため、正常に機能しているかどうかの確認後に記入します。また高価なナビやAWのブランド名や品番をここに記入する場合では、現品と記載に相違があった場合にクレームの対象になるため更に注意が必要です。

出品車両をより高く売りたいという気持ちで、多くのことを出品票に記入すると、その記入した数だけクレームになる可能性が増えることになります。中古車は新車ではなので、出品前には正常に動作していたナビが落札後のクレーム期間に故障するようなこともあり得ます、そのため必要最小限度の装備品の記入が良いのではと思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください