いすゞ ベレット MX 1600

1969年東京モーターショーで発表されたいすゞ ベレット MX 1600 ミッドシップ

コックピットの後ろにマウントされたエンジンは117クーのDOHC 1600cc 120馬力、日本から送ったシャーシーにイタリアのギア社が架装したもので、ベレットなどとの共通部品が多く使われている。

翌年の1970年の東京モーターショーには新しいボディのベレット MX 1600が発表された。新しいボディはいすゞ独自のデザインになり、FRP製に改められた。

格納式だったヘッドライトは日本の法規に合わせて変更され、その他、生産化のための改良が行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。