いすゞ ベレットR6

いすゞ自動車はベレットGT/GT-R,117クーペに続いて、エンジンをミッドシップマウントしたGTカーの開発を進めていた。

 

 

いすゞ ベレットR6

 

1970年鈴鹿 R6

その開発はレーシングカーから技術をフィードバックする形ですすめられた。いすゞのレース活動は1966年の第三回日本GP(FISCO)に始まり、そのレース経験からDOHCエンジンが開発され、117クーペやベレットGT-Rの発売へと繋がっていった。

1969年の日本GPではR6とR72台ずつの合計4台でメインレースに挑戦した。成績は振るわず、2台のR6は19位とリタイヤ、R7は15位と16位であった。

いすゞ R7

R6は117クーペ用の1600cc DOHCエンジンをミッドシップマウントし、R7は4キャブのOHVシボレー5000cc V8 エンジンをリアアクスル前に配置していた。

1970年R6スパイダーを開発された。エンジンはR6とほとんど変わらない117クーペのDOHC1600ccだが、ボディが軽量化されたことで100kg軽くない運動性能が向上した。

 

1970年日本オールスター レース R6スパイダー

 

R6スパイダーの後部

1970年の冨士インターで9位に続き、同年日本オールスターでは優勝した。

R6、R7のレース活動がいすゞベレットMXの開発へと繋がって行った。

 

いすゞベレットMX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。