ルサカ郊外の農家 ザンビア

ルサカからリビングストーンへ行く途中に立ち寄った農家

ザンビアでは多国籍企業の大規模農場の他に日本の農家のような小規模な農家もあります。現地で聞いたのですが、個人農家では多国籍企業が大規模農場で大量に生産するジャガイモのような物は価格的に見合わないのであまり生産してないようです。大規模農場とはアメリカにあるような広大な土地にスプリンクラーで放水するようなもので日本にはない農場ですね。個人農家では主に日持ちのしない葉っぱもの野菜や自分たちで食べるトウモロコシなどを少量生産しているようです。

その他、ニワトリを庭で放し飼いで飼ってます。水は井戸水でタンクで高いところに挙げて使っています。季節は雨季と乾季のため歓喜の水の確保と雨季には豪雨となるので難しい農業環境ですね。この時は乾季だったので、ルサカからリビングストーンまで延々と続く乾いた大地と水が枯れた川があり、また、豪雨のため舗装道路が水で浸食され亀裂が入ったり大きく破損している箇所がいくつもありました。これが雨季と乾季のあるサバンナの気候ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。