自動車リサイクル券

自動車リサイクル料金は新車登録時に公益社団法人自動車リサイクル促進センターに預託されリサイクル券が発行されます。

リサイクル料金の預託制度は重量税の未経過期間の還付と引き換えに導入された新しい自動車税のようなものです。

リサイクル券はその自動車に対して預託されているため、その後に所有者が変更されたとしてもリサイクル券の預託者の変更はありません。リサイクル法が施行された一時期の継続車検時にリサイクル券の提示が必要であった時期はありました。

今はリサイクル券を紛失したとしても継続車検時にリサイクル券の提示などの必要はないので再発行などの手続きをする必要はありません。

リサイクル預託料金の証明が必要な場合は自動車リサイクルシステムの自動車ユーザー向けリサイクル料金検索から自動車リサイクル料金の預託状況を印刷することが出来ます。

また、下記から直接必要な自動車の情報を入力し印刷することも出来ます。

自動車ユーザー向けリサイクル検索

自動車の買い取り、下取り時にはリサイクル券を提示して車両本体の価格とは別に清算をしてもらうことが必要になるため、紛失している場合は上記リサイクルシステムのホームページから印刷してリサイクル預託料金の提示をしましょう。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください