オートオークション 走行距離記号

オートオークションに出品する車輌の走行距離は出品時の走行距離を出品票に記入します。

走行距離計交換

距離計の交換歴がある場合には走行距離に$を付け出品票に記入します。

例 $12,345km

走行距離計の交換歴を記載できる車輌は認証工場または指定整備工場でそれを行った場合に限られ$表示の他に、出品票の注意事項欄に交換日付と交換時走行距離及び「メーター交換車」と記入します。

交換歴を上記で証明できない場合には走行距離改ざん車の扱いになります。

走行距離計改ざん

走行距離の改ざんが点検記録簿等により明らかな場合は出品時の走行距離*を出品票に記入します。

例 *12,345km

点検記録簿などにより明らかになった走行距離の改ざん前の距離数と「メーター改ざん車」を出品票の注意事項欄に記入します。

走行不明 

点検記録簿などにより走行距離の判断が出来ない場合は出品時の走行距離に#を付け出品票の注意事項欄に「走行不明車」と記入します。

例 #12,345km

車検証への走行距離記載がされるようになってからは走行距離の巻き戻しは少なくなりましたが、ユーザー車検が増え、点検記録簿が必ずしも整備工場などの第三者記入ではなくなったため、継続車検から継続車検までの走行距離を証明する点検記録簿の信頼性が損なわれているように思えます。

そのため走行距離の証明にはオートオークションへの出品歴から走行メーター管理シズテムに登録された走行距離と車検証に記載された走行距離が基準になります。

走行距離の巻き戻しをした販売店にはオートオークションの強制退会や大手自動車雑誌への広告掲載禁止などの厳罰もありますが、走行距離の巻き戻しが根絶されてはいないようです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください