商品自動車の自動車税減免

自動車販売店が保有する商品自動車には自動車税の減免措置があり、4月から5月にかけてがその申請時期になります。

その自動車税の減免額は年額自動車税の12分の3になり、3か月分が減免されるため、多くの台数を保有する大規模な中古車販売店ではその減免総額は大きくなります。

申請手続きは4月中から自動車税の納付期限7日前までとなり、商品自動車であることの証明が、一般社団法人日本自動車査定協会により証明された中古車になります。

減免措置を受けられる販売店は保有している自動車税の滞納がないことと、税法上の違反行為などの処分を受けている場合は一定期間経過後の適応になります。

4月中の自動車税の減免措置申請は一般社団法人日本自動車査定協会で出来、商品中古自動車証明申請書、古物商の写し、車検証の写しで申請します。

上記期限を過ぎた場合には自動車税の納付期限7日前までに、各都道府県税事務所などで申請します。必要書類は、自動車税減免申請書、一般社団法人日本自動車査定協会が発行する商品中古自動車証明書、当該年度の自動車税納税通知書の写しになり、4月1日以後にその中古車を販売した場合は、販売事実を証明する書面が必要になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください