オートオークション出品履歴

オートオークションに出品された自動車の出品記録は各オートークション会場に保存され、走行距離の情報は一般社団法人日本オートオークション協議会の走行距離管理システムに登録され共有されます。

最近はオートオークションのウェブサイトの相互乗り入れが進み、各オートオークション間で出品者の情報が共有されるようになりました。

そのため、出品のさいに走行距離が過去の出品履歴よりも少なく表示されている場合は、走行距離の改ざんやメーター交換が疑われ、出品店にオートオークションから確認の連絡がされます。

その他の水害による冠水車、接合車、不正改造車などはオートオークションに記録はされてはいるものの、それらが出品された時にその情報をはじき出すようなシステムはないようなので、出品店が申告をしなければ、そのまま出品されているようです。

落札店からクレームが入り、その車が一度でもオートオークションに出品されていれば、その出品履歴から出品票に書かれている重大な欠陥などの記録を知ることができるのですが、冠水車などは現車の状態などからそれを判断することが難しいため、それが発覚するのは落札後になるケースも多くあると思います。

盗難車は警察から全オートオークションに通知されるため、それが出品された時には出品店へ必ず確認の連絡が来ます。

最近はほとんどの車がオートオークションを経由して中古車として流通するようになり、車固有の情報が共有され記録されるようになったため、オートオークションで落札した車輌に問題がある場合にはその車の出品履歴から多くの情報を知ることができるようになりましたが、それは業界ないで共有しているものであって、一般消費者へは刑事事件になるような大きな問題でもなければ開示されることはありません。

アメリカでは各自動車の新車からの履歴を公的機関がビッグデータとして記録し、有料で一般消費者へ提供しているサービスがあります。一般消費者が安心して中古車を購入するために大きく貢献しているようで、自動車業界の健全な発展と活性化にも大きく貢献しているようです。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください