自動車事故 修理費用と全損

自動車の物損事故では車対車の事故のケースが多く、その損害額は修理費用、または修理が不可能な場合には全損として中古車価格からスクラップ代を差し引いた金額が損害額となります。

その他には修理費用が中古車価格を上まってしまう場合には全損として扱われることが多くあります。新車は登録前の状態を指し、いったん登録された車の場合は新車で買ったばかりの車であっても中古車として扱われ中古車としての価値が修理費用と比較されます。

どんなに新車価格が高い車でも経年により価値が下がって行き、新車当時、高額なハイクラス車であっても10年以上経過すれば数十万円から数万円になります。そのため、低年式車での物損事故では、修理費用がその車の中古車の価値を大きく上回るケースは多くあります。

修理費用の実費を支払えとの主張が通る場合もありますが、全損扱いになるケースの方が多いようです。その場合は新車価格の10%、または中古車を購入した場合の実費を損害額などの算出方法があります。

新車価格の10%なった場合には、同型の中古車をサイド購入するために必要な損害に満たないケースもあり、その場合には不足分を自己負担しての中古車の購入になります。過失割合が100対0の事故で過失が0の被害者はもらい事故の上に自己負担があるという、割に合わないようなことになります。

車対車の物損事故は100対0以外のケースが多く、修理代や全損による中古車の残存価値などの要件ををもとに示談が行われるのですが、実質の損害以外にも示談に費やす時間も考慮すれば、いずれにしても無駄な時間を使わなければならず、事故を起こさない、もらわない運転を心がけることが良いのではと思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください