マツダ ルーチェ①

1963年の東京モーターショーに試作車としての中型モデル、マツダ ルーチェが出品された。

luce

1963年ルーチェ プロトタイプ 水冷4気筒OHV

2年後の1965年の東京モーターショーに出品された後の1966年に市販された。

luce2

luce3

1966年ー1968年 マツダルーチェ

エンジンは1490cc 4気筒OHC 出力は78馬力/5500の6人乗り最高速150km/h、

翌年の1967年にはバンと高性能仕様のルーチェSSが追加された。SSは圧縮比を高めてツインキャブへ変更され、出力は86馬力/5500 最高速は160km/hとなり、前輪ブレーキはディスクブレーキが標準装備された。

luce4

1967年ー1968年 ルチェSS タコメーター、3本スポークステアリング、全席バケットとなり、4段フロアシフトに変更された。

luce5

1968年 ルーチェSS レザートップ

ルーチェが発売されたことで、この時期のマツダの乗用車バリエーションはキャロル、ファミリア、ルーチェの3車種となった。

マツダ・ルーチェ3

マツダ・ルーチェ2



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください