マツダ ルーチェ②

19687年の東京モーターショーに出品されていたRX87を1969年にルーチェ  ロータリークーペとして発売した。

luce rotary

luce rotary2

1970年 ルーチェ  ロータリークーペ ハードトップとしては初めて三角窓が廃止された。

この車に搭載されたロータリーエンジンはコスモ、ファミリアのものではなく、それより単室容積の大きい655cc 2ローターエンジン(13A)で126馬力/6000rpm 低回転域でのトルク性能を重視したものであった。

ロータリーエンジンのコンパクト性を生かしたマツダ車では唯一の前輪駆動(FF)方式が採用され、1972年9月に生産が終了になるまでに976台が生産された。

一方、レシプロエンジンのルーチェは1968年に1800ccモデルを追加して1500と1800で車種が構成された。

luce

1968年-1972年 ルーチェ1500 1490CC 78馬力 最高速150km/h

luce2

1969年1972年 ルーチェ1800 デラックス

1800のエンジンはSOHC4気筒1796CCで出力は100馬力/5500rpm 最高速は165km/h、スーパーデラックスには前輪ディスクブレーキが標準装備された。

マツダ・ルーチェ3

マツダ・ルーチェ1



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください