ダイハツ コンパーノ

1961年東京モーターショーにエンジンは水冷4気筒678cc30馬力/5500rpmの乗用車を出品したがその外見の評判は悪く、翌年1962年にイタリアのアルフレード・ヴァニーレがデザインしたコンパーノを出品した。

コンパーノ

1962年 東京モーターショーに出品されたコンパーノ・バン

翌年の1963年5月にコンパーノはワゴン車を加えて市販され、同年11月に2ドアセダンをコンパーノ・ベルリーナの名で発売した。

コンパーノ・ベルリーナ1 コンパーノ・ベルリーナ2

1964年ー1966年 コンパーノ・ベルリーナ800

エンジンは水冷4気筒OHV797cc 41馬力/5000rpm 最高速は110km/hでボディーはモノコックではなくフレームが独立した構造であった。

1965年4月にはベルリーナ・シリーズにコンバーチブルモデルのスパーダーが加えられた。エンジンは958ccでツインキャブと高圧縮9.5から65馬力/6500rpm 最高速145km。

コンパーノ スパイダー

1965年ー1966年 コンパーノ・スパイダー

同年1965年5月に、ベルリーナ・シリーズに4ドアモデルが加えられ、エンジンはスパーダー用にシングルキャブを取り付けた55馬力/5500rpmに変更された。最高速140km/h。さらに11月には2ドアモデルにスパイダー用エンジンを搭載した1000GT、12月には2ドア800にエコノミーモデルが追加された。

コンパーノ・ベルリーナ3

1965年ー1966年 コンパーノ・ベルリーナ1000

1966年3月にマイナーチェンジを受け、6月にはベルリーナ1000に4ドアモデルが加えられ、翌1967年4月には燃料噴射式の65馬力/6000rpmエンジンの1000GTインジェクションとベルリーナシリーズにオートマチックが加えられ発売された。

コンパーノ・ベルリーナ4

1966年後期ー1967年 コナパーノ・ベルリーナ1000

1967年6月にコナパーノはモデルチェンジ受けた。ヘッドライトが大型化され、フロントグリルのデザインが変更された。このとき800と1000のエンジン出力が高められた。800は45馬力/5000rpm、1000は58馬力/5500rpm

1967年後期ー1968年 コンパーノ・ベルリーナ1000 OHV4気筒958cc 58馬力/rpm 最高速135km/h

コンパーノ・スパイダー

1967年後期ー1968年 コンパーノ・スパーダー

コンパーノスパーダー

🚙 ダイハツ三輪乗用車Bee,コンパーノフェロー①

ダイハツ コンパーノからコンソルテ

ダイハツ コンソルテからシャルマン



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください