プリンス スカイライン①

1957年4月、富士精密工業は新型車プリンス・スカイラインをデビューさせた。

スカイライン

1957年1959年 スカイライン・デラックスALSID-Ⅰ

デラックスモデルにはラジオ、ヒーター、時計、ライターに加えてウインドウオッシャー付き2速ワイパーが標準装備された。

スカイライン2

グレードはデラックスとスタンダードの2種類になりフロントグリルとサイドモールのデザインが異なる。エンジンはプリンスAISH-Ⅳの1484cc 60馬力/4400rpmで最高速は125km/h

スカイライン3

1957年ー1959年 スカイライン・スタンダード

翌年の1958年 東京モーターショーに1900ccのエンジンを搭載してスカイライン1900が出品され、そのスカイラインは翌年1959年にプリンス・グロリアとして発売された。

gloria2

1958年の後楽園競輪場で開催された東京モーターショーに出品されたスカイライン1900

1960年に4灯式ヘッドライトが採用され、1960年9月に小型車規格が1500ccから2000ccに引き上げられたため、1900ccを搭載していたプリンス・グロリアは小型車となった。小型車規格が引き上げられたことから1961年5月には1900ccのエンジン(91馬力)を搭載したスカイライン1900が発売された。

スカイライン4

1960年ー1962年 スカイライン・デラックス ALWSID-2改

スカイライン5

1960年 スカイライン・スタンダード ALSIS-2改

スカイライン6

1961年ー1962年 スカイライン・スタンダード ALSIS-2改

スカイライン7

1961年後期ー1962年 スカイライン1900デラックス BLSID-3 低オクタン価ガソリンが使用できるように圧縮比を805から8.0に落としたグロリア用1862OHVエンジン 91馬力/4800rpmが搭載され最高速は140km/h

スカイライン8

1962年スカイライン1900スタンダード BLSIS-3 スタンダードにも1900エンジンが搭載された。

skyline8

1963年 スカイライン スーパー それまでのデラックスがスーパーとなった。

1961年2月にはプリンス車の印象が浸透してきたのに伴い社名を富士精密から車名にあわせてプリンス自動車工業へ変更した。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください