プリンス スカイライン スポーツ

1960年 トリノ・ショーに日本からの初めての2種類の自動車・スカイライン・スポーツが出品された。

スカイライン スポーツ

1962年ー1964年 スカイライン・スポーツ

この2車種のスカイラインはグロリアのシャーシの上に2ドア・クーペとコンバーチブルのボディを乗せたもので、イタリアのジョヴァンニ・ミケロッティのデザインしたものであった。

スカイライン・スポーツはその翌1961年の東京モーターショーにも出品され、1962年4月から販売された。

エンジンはグロリアの用のOHV 4気筒1862cc・94馬力エンジンを流用し最高速はグロリアを10km/h上回る150km/h

スカイラインスポーツ

1962年ー1964年 スカイライン・スポーツ コンバーチブル このモデルは注文生産になり、オーダーメイドの形で内外装の色を選ぶことが出来た。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください